囲碁幼稚園

2010年11月21日

武宮△!

タイトルは、はい、そうです、
今年の流行語大賞候補にもなっている
「本田△(さんかっけー)」
から、いただきました。

(ちなみに本田は、サッカーの本田圭佑選手で、
本田三角形 → 本田さんかっけー → 本田さんカッコイイ
ということね)


これ↓、最近見ている本なのですが、
この中のコラムに、
武宮正樹九段の話が出てきます。


2010112108300000.jpg

※『定石100』



「プロは定石を忘れる」
というタイトルの前文を引用しますね。


「アマは定石を忘れることを嘆きますが、
プロは忘れることの方が当然と考えています。
固定観念にとらわれることは命取りとなるからです。
といっても、定石の肝心なところのエキスはしっかり吸収しています。
手順は忘れても、自身の読みと感性で再現することができるのです。」


ふむふむ。

そして、第43期本因坊戦での武宮九段のお話。

オーソドックスな大ナダレ定石の進行中、
定石手としてはaかbしかないところで、
aの手を打つのに、
武宮九段は5時間7分の大長考をしたそうです。
(未だに破られていない記録)

そして局後に
「へえー、aは定石なの」
と言ったそう。


これは、すごい!


先日の囲碁フェスを含め、
武宮九段には何度かお会いしていますが、
いつもパワフルでフレンドリーで、
こちらまで元気をもらえるような方ですね。
老若男女問わず、
ファンが多いのもうなずけます。


この定石の話を知って、
ますます
「武宮△!」
と思ったのでした。


え? これって、
「△」を使ってみたかっただけじゃないの、って?

・・・いや、そういう気持ちもありましたが、(あったんかいっ)
武宮九段がカッコイイことは確かです。(きっぱり)


                     by シホ


↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ









posted by シホ&クニ at 09:45| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

お久しぶりです

皆様、
大変ご無沙汰しておりましたが、
久しぶりに戻ってまいりました。

ま、
誰も待ってはいなかったかもしれませんが…。

気がつけば季節は秋。

いろいろあった一年も、
そろそろ終盤に向かおうかという
時期になっております。


今年は、
年の初めに手術をし、
その後は元気だったものの、
今度は家族が、
あれやこれやと体調を崩しまして。

やっとみんなが元気になり、
やれやれと思ったところで、
この夏の猛暑。

それがいけなかったのか、
今度はめまいに襲われ、
一日中船酔いしているような
悲しい状態となってしまいました。


さらに、そこを無理して
11日間の海外旅行に出かけ、
行っている間は良かったのですが、
帰ってきたらめまいと吐き気が悪化。

今も一進一退の、
微妙な状況です。


疲れにストレス、
ホルモンバランスの崩れと、
原因らしきものはいろいろありますが、
まあ、
なっちまったものは仕方がない。


何とか気にやまないでやり過ごすことと、
少しでも良くなるように
病院に通うなど努力を惜しまないこと。

の2本立てで、
乗りきって行こうと思っています。



というわけで、
囲碁の話題です。

坂田栄男二十三世本因坊が
先日亡くなりました。

といっても、
わたしは坂田さんがご活躍されていた時代を
知っているわけではなく
「伝説」としての坂田さんしか
存じ上げていません。

「カミソリの坂田」
「シノギの坂田」
「泣きの坂田」

様々な冠がついている方です。

朝日新聞の記事によれば、

「いつもあっと驚くような一発で
相手を倒すことを心がけてきた」

とコメントを残されているとか。

プロの戦いで、
相手をあっと言わせることが、
どれだけ大変なことか。

ヘボの私には、
具体的にイメージすることはできませんが、
「すごいことだ」
と認識することはできます。



私はよく、
ど素人な手を打って、
(とくに上手の)
相手をあっと言わせたりしますが、

これだけ研究し尽くされたゲームで、
意表を突く一手を繰り出すというのは、
並大抵のことではありません。



棋譜並べが苦手なクニですが、
(なぜなら、必ず間違えて、
途中で気付くから)
坂田先生の棋譜を並べてみようか
などと、
いっぱしの碁打ちのようなことを考える、
秋の夜なのでした。





             byクニ


↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ



posted by シホ&クニ at 17:46| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

今日も呑み打ち at 囲碁バー「汐音」

連日です。

今日は(もう昨日だけど)、
打ち合わせで
クニと日本棋院へ行ってきました。

その後はランチ→神楽坂のオサレなカフェで
スイーツ囲碁。

2010102301150000.jpg

※イチジクのチーズタルトとハーブティーのセット
 たまには、オサレでしょ? σ(^◇^;)


その後、クニは横浜に帰ったのですが、
シホは碁友のMたんとFくんと待ち合わせ、
かねてより行ってみたかった、
南青山の囲碁バー「汐音(しおん)」へ行ってきました。

http://shionbar.com/


このお店、
梅沢由香里さんをはじめとする棋士の方が顔を出し、
いつも碁盤が置いてある、
というのは聞いていたのですが・・・

なんと、
座敷の対局室があるではないですか!

対局室があるバーって、
すごくないですか?


2010102301130000.jpg

※「幽玄の間だ〜!」と大喜びしました


「こっ、ここで打ってもいいんですか?!」
と、シホ。
「もちろんです」
と、にっこりのお店の方。

「のっ、呑みながら打ってもいいんですか?!」
「もちろんです」

ああ、なんてステキ!


焼酎ロックやおつまみを頼んで、
まずはMたんとFくんの7子局。


2010102301120000.jpg

※Mたんの勝利。
 Mたんに7子はきついです。


その後はFくんとシホの互先。
シホの1目負け。
口惜しいですっ。


と、ここでタイムアップ。

帰る時になって、
なんと、カウンターにgoxiのお仲間を発見!

もっと早くわかっていれば、
一緒に打てたのに残念でした。

次はもっとゆっくり来たいです。

それと、ここでオフ会したいな〜。
どなたか「汐音」でオフ会、
しませんか?


                      by シホ


↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ







posted by シホ&クニ at 01:44| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

今日の呑み打ち

囲碁を打つのと同じくらい呑み食いも好きなので、
呑み食いしながら打つなんて、
最高の幸せ!


2010102123380000.jpg


碁友のNちゃんと、焼酎呑みながらの
2子局。(シホが黒です)

この後、
白を低く押し込めて、
真ん中を広大な黒の地にする予定が・・・

予定は未定、
そう上手くいきませんね。

8目負け。
ガックリ。

Nちゃんには、9割方負けるんですけどね。

それでも置き石は増やしませんよ。
なぜなら、
置き石を増やすのは口惜しいからです。

次は勝つぞ〜。



           by シホ

↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ














posted by シホ&クニ at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

『碁会所探偵シホ&クニ』更新しました

毎月15日(囲碁の日)更新の『碁会所探偵シホ&クニ』、
第4回の今回は、
クニが「綱島囲碁サロン」を紹介しています。

↓こちらも、どうぞよろしく!

http://ameblo.jp/shiho-kuni/


                   by シホ


↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ





posted by シホ&クニ at 13:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

IGO FESTIVAL2010に行ってきました

六本木ヒルズで行われた、
IGO FESTIVAL2010に行ってきました。

今日の東京は秋晴れの上天気、
最高のイベント日和でした。


私たちは開場前に並び、
囲碁仲間のA野さん、Mたん、シホ&クニの4人で
最前列のテーブル席を確保。

ステージ脇、解説者席のど真ん前だったので、
こんな写真を撮らせてもらうことができましたよ〜。
(クリックすると、少しだけ大きくなります)


2010101123100000.jpg

※武宮正樹九段と万波佳奈四段


2010101123090001.jpg

※張う棋聖と稲葉禄子さん


IGOフェスのメインイベントといえば
艶やかな袴姿の女流棋士による公開対局「妙花」。

今年は13路盤で行われました。


昨年は9路盤対局で、
これも面白かったのですが、
今回13路盤対局を観たら、
こちらの方が戦法にバリエーションがあり、
よりスリリングで面白いと思いました。


・謝依旻女流三冠
・梅沢由香里五段
・鈴木歩五段
・伊澤秋乃四段
・潘こんゆ初段
・長島梢初段

この6人によるトーナメントで、
熱戦の末、頂点に立ったのは
鈴木歩五段でした。

歩さん、かっこいい〜!


2010101123090000.jpg

※遠くて、すみません



このステージの他にも、
プロによる指導碁や入門教室などがあり、
高梨聖健八段、三谷哲也六段、
王唯任四段などの男性棋士もりりしい和服姿!

また会場内では、
張う棋聖が詰碁を教えてくれたり、
潘こんゆ初段や中島美絵子二段が
お子さんを連れていたりと、
囲碁ファンには夢のような光景が。

私たちも、
武宮正樹九段や万波佳奈四段とお話をさせてもらい、
A野さんも、棋士サイン帳に
コレクションを増やすことができましたよ。

↓「A野さんのステキな棋士サイン帳」はこちら。
http://shihokuni-igo.seesaa.net/article/164542931.html


2010101123100001.jpg

※テーブル席には、
 張うさんの詰碁が置いてありました。
 これをみんなでワイワイ解くのもまた楽しい



そして、こういうイベントでうれしいことは、
普段はネットでおつきあいしている
囲碁仲間の皆さんに会えることですね。

オフ会でおなじみの方たちの他、
北海道、茨城、栃木などから参加した
goxiメンバーの方々ともお話することができ、
これもまた楽しかったです。

goxiのお仲間には、
スタッフとして参加された方もいますね。
一日、ご苦労さまでした。


秋晴れの空の下、
ビールを飲みながら
プロ棋士の対局を観て、
囲碁仲間たちとおしゃべりしたり、
詰碁を解いたり、対局したり・・・
なんと贅沢な一日だったでしょうか。

一緒に過ごしてくれた皆さん、
こんなステキなイベントを企画運営してくれた皆さんに、
感謝です。

来年も参加できれば、
またお会いいたしましょう!




                   by シホ

↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ











posted by シホ&クニ at 01:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

A野さんのステキな棋士サイン帳

先日、宝酒造杯でご一緒したA野さんが、
サイン帳を見せてくれました。

小さめのスケッチブックを開くと、
左のページに棋士の写真、
(棋士だけだったり、A野さんが一緒だったり)
右のページにサインがあります。


最初のページは
二十四世本因坊 石田秀芳。
左には二十四世本因坊がサインをしている写真、
右には「清虚」の揮毫とサイン。
(「きよくたかく」という意味だそうです)

A野さんがサインをお願いしてペンを渡したら、
「いえ、こちらで」
と懐中からマイ筆を取りだして、
丁寧に書いてくれたそうです。
几帳面な感じの揮毫は、
二十四世本因坊のイメージ通りでした。


2ページ目は武宮正樹九段。
「遊神」
の文字は、碁会所の額でも見たことがあります。


3ページ目は依田紀基九段。
サインのみで、一言はありませんでした。


他には
石倉昇九段、小林覚九段
小川誠子六段などのプロの他、

木下かおりさん、高倉梢さん、稲葉禄子さん、
熊坂直子さん、小田彩子さんなど、
美人インストラクターたちの
写真とサインも。

特に女流棋士の皆さんと一緒に写っているA野さんは、
とっても嬉しそうな表情でした。


イベントに参加する度に、
まめにお願いして集めたそうです。

これは、すごい宝物ですね。

「うわあ、いいな、いいな」
と言いながら、ページを繰りましたよ。


イベントに参加すると
プロ棋士の方に会える機会は多いので、
私もサイン帳を用意したいな、
と思ってしまいました。


                     by シホ


↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ


posted by シホ&クニ at 19:29| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

碁打ちだけの老人ホームって、ないのかしら

随分前に読んだ
小川洋子の『猫を抱いて象と泳ぐ』
という小説のことを、ふと思い出しました。


images.jpg



今、本が手元にないのでうろ覚えですが・・・


これは、
ちょっと変わったチェスプレイヤーの話です。

子供のような小さな身体で
チェス台の中に入り、
美しい棋譜を作るためにチェスを打つ主人公。

常に美しい手を打とうとする思いは、
囲碁の理想にも通じていて、
興味深く読んだものです。


この中で、主人公が最後にたどりつく場所が、
チェス好きの老人たちだけが暮らすホームでした。
(ホームを作ったのは、チェス好きのお金持ち)

ここで主人公は、
顔を合わせることも言葉を交わすもこともなく、
駒の運びだけで、
老人たちと心をふれあわせていきます。

これも手談と同じですね。


宝酒造杯で、
たくさんの囲碁好きの方たちと会ったせいでしょうか。

この小説のホームのように、
囲碁好きの老人だけが入所できるホームがあったらいいのになあ、
と考えています。


誰か、そういうホームを作ってくれないかしら。

毎日碁を打って、
碁の話をしながら老後を過ごせたら、
楽しいと思いませんか?


                     by シホ


↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ










posted by シホ&クニ at 18:38| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

宝酒造杯、行ってきました〜

昨日、市ヶ谷の日本棋院で東京大会がありました。


いつもは一緒に出ていたクニやFくんが
今回は出られないということで、
「一人じゃ、淋しいな〜」
と参加を躊躇していたら、
同級生のMたんや、
goxi仲間の「ひからず会(?)」の方たちも参加するというので、
行ってきましたよ。

会場では、教室仲間のA野さん、
A野さんのお友達のY田さんにも会え、
お仲間がいっぱいになって、賑やか、賑やか。


対局は5局、
会場で出される
お酒やおつまみも飲み食いしながら、
一日楽しんできました。


シホは1級で参加。

結果は・・・

1局目(女性) 中押し勝
2局目(女性) 中押し負
3局目(男性) 中押し勝
4局目(男性) 1目半勝
5局目(女性) 中押し負

ということで3勝2敗。

中押しばかりでしたが、
唯一4局目は作り碁になり、
コミでギリギリセーフ、
心臓がバクバクしましたよ。


今回の対局相手は、女性が3人で
ちょっとビックリ。

宝酒造杯は4回目の参加になりますが、
これまで女性にあたったのは
5局のうち1局がせいぜいでしたから。

女性の碁打ちが増えるのはいいですね。


2局目の方は、
前回にもあたってシホが負けたので、
最初から「また負けちゃうかも」と思って・・・
負けました。
すでに戦う前から気持ちが負けていましたね。
いかん、いかん。


お仲間の皆さんもそれぞれ健闘していましたが、
中でもgoxi仲間のお一人は、
全勝して全国大会出場となりました。
すごい!

全国大会でも頑張ってくださいね〜。


そして、大会が終わった後は、
A野さん、Y田さん、Mたんと一緒に、
市ヶ谷で呑みました。
ここでも、対局。

久しぶりに会ったA野さんに
2局とも負けてしまいました。
がっくり。

Mたんと別れて、
3人でまた横浜で呑み打ち。
(どんだけ?!)

ここでは、Y田さんに数目勝たせてもらいました。


ということで、
大会の5局+1局、その後の3局で、
都合9局。

囲碁三昧の一日で楽しかった〜。


皆さん、お疲れさまでした。
また次回も、みんなでワイワイ参加しましょうね!



※前日に水没させて
 携帯が死んでしまったので、(゜◇゜)ガーン
 今回は写真がありません。


                          by シホ



↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ





              






posted by シホ&クニ at 10:18| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

囲碁代表は何ジャパン?


アジア大会日本代表の愛称を
募集中だそうです。


http://news.kids.yahoo.co.jp/topics/1050/20100830-00000078-jij-spo.html


う〜ん、
「何ジャパン」が
いいでしょうね?


                     by シホ



↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ


posted by シホ&クニ at 23:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。