囲碁幼稚園

2011年03月22日

チャリティ囲碁オフ会@横浜綱島

久しぶりのブログです。



さぼっていた間に大変なことが起こりました。
東北関東大地震…。

発生から10日が経とうとしていますが、
被災された方々の現状、
原発の予断を許さない状況、
首都圏での計画停電の実施など、
私たちが今までに経験したことのない、
まさに未曾有の出来事となってしまいました。



テレビの画面を見るたびに、
何か少しでもできることはないかと
グルグル考えてしまうばかりです。



被災されました皆様には心よりお見舞い申し上げますとともに、
なくなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。



さて、そんななかで、
昨日はささやかながら、
被災された方々へのお手伝い(?)らしきものができたのと同時に、
明るい気持ちになれるイベントに参加してきました。


「チャリティ囲碁オフ会@横浜綱島」


シホ&クニが登録しているネットの囲碁SNS、
いくつかのネット碁のメンバーが集まっての
チャリティイベントです。


もともとはお祝いの会だったところ、
今回の震災があり、
このようなスタイルになったということで、
シホ&クニも、
参加させていただきました。


会の詳細については、
発起人のひからずさんのブログをご覧ください。


http://goxi.jp/?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=5484&comment_count=127




今回は、囲碁経験が
ヘボのクニと2〜3回打ったことがあるだけという、
(未経験のほうがまだマシ?)
クニの娘、ミオも連れて行きました。



会は1時からだったのですが、
予定があって、綱島の碁会所に着いたのは3時過ぎ。


店内はすでに多くの人が集まり、
ペア碁もスタートしていて賑やかです。



関西から参加のでごんさんなど、
盛り上げ隊も充実。
持ち寄られた手作りのお菓子も充実。
いい雰囲気です。



シホはキッシュ、
クニはとろとろプリンを作って行ったのですが、
とろけすぎて、ドリンク化しちゃいました。




一方、同時に竹清勇四段の指導碁も始まっていて、
こちらは真剣そのもの。


竹清四段は、なんと1回千円(!)の指導碁料を
すべてチャリティに寄付してくださったのだそうです。
(この日、竹清さんは、ほとんど休憩も取らず、
ずっと指導碁をされていました。
ありがとうございます)



ペア碁が終わったところで、
今度は皆が持ち寄った、
囲碁関係の品物のチャリティオークションが始りました。


といっても、欲しい商品を手に入れた人は、
「こころざし」を募金箱に入れるスタイル。


シホ&クニは、
平塚名物囲碁まんじゅう、囲碁最中、
碁ワールドの最新号、本少々、囲碁ストラップなどを
提供させていただきました。


と、ここで最初に大物商品が登場。
SNSの代表者、政光さんが出品された、
木製の碁盤です。


「おお〜」
と声が上がり、欲しい人多数。


もちろんクニも手を上げました。

娘も同時に手を上げ、
じゃんけんで勝ち抜き戦をやったところ…
ごめんなさい、クニ&ミオ親子が残ってしまいました。



そして、商品は私たちのもとへ。
すてきなすてきな碁盤なので、
お宝として大切に使っていきたいと思います。
政光さんありがとうございます。


110322_1015~010001.jpg




この他にも張栩棋聖、謝依旻女流名人のダブル揮毫扇子
(ゆうさんゲット)、



110321_1559~010001.jpg



碁盤が描かれた美しいスカーフ、

110321_1621~010001.jpg



囲碁関係の本がたくさん出品されていました。


110322_1017~010001.jpg

※こちらも娘がゲット。読みますね〜


本に関しては、オークションの進行役、
松江大好きさんがとてもお詳しくて、
一冊一冊解説してくださったので、
欲しい人のところにきちんと届きました。



シホ&クニはその後、ペア碁の2回戦に参加。
クニはミスをしたものの、
ペアを組んだチーターさんのおかげで勝ち。
シホの結果はこちらをどうぞ。

http://goxi.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=101646&comment_count=10


竹清四段の指導碁も受けました。
こちらは逆コミ百目の置き石なし!
優しい竹清先生のおかげで、
勝たせていただきました。
無謀なお願いに応じてくださってありがとうございます。




さて、そんななか、今回一番楽しんだのはクニの娘のミオでしょう。


イケメン席亭の藤森さん、小熊さんをはじめ、
ゆうさん、BUBIさんなど、
みなさんが、代わる代わるお相手してくださったのです。


あまりにもみなさんが優しいので、
ミオは家に帰ってからも興奮気味で、

「囲碁を打つ人って、なんでこんなにいい人ばっかりなんだろうね〜」

と、ずっと言っておりました。



そして囲碁の面白さに目覚めましたよ〜

やった!
みなさん本当にありがとうございます。



最後は認定員のワイルドなイケメンコーピーさんに
お相手をしていただき、
おまけの二十五級、認定していただきました。


110321_1945~010001.jpg



「クニちゃんよりセンスがあるのでは?」
という声もちらほらと聞こえてきましたが、
聞こえなかったことにしておきます。


そんなこんなで会は無事にお開き。
ひからずさん、松江さん、藤森さん、小熊さん、
参加された皆様、本当にお疲れさまでした。

そしてありがとうございました。

参加できて本当に良かった〜。
感謝です。



                     byクニ





応援のポチリをお願いいたします↓

人気ブログランキングへ








posted by シホ&クニ at 12:09| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

憧れの三大手筋

以前にこのブログでも、
「やってみたい囲碁のワザ」
について、
書いたことがあるのですが。


先日初めて、
詰碁の本でしかできたことのなかった
「押す手なし」
が実戦できまって、逆転勝ちの奇跡!
感無量でしたよ。


先日もクニと話していて、
「『鶴の巣ごもり』はあるよね」
と。

クニもシホも、
「鶴の巣ごもり」
は、実戦で何度か、
使ったことも使われたこともあります。


「グルグル回し」
も、まあ、ありますね。


「ゆるみシチョウ」
は、自分で使ったことはありませんが、
使われたことはあります。


これまで実戦で出会ったことがない、
もしくはできるのに気がついたことがない、
シホ憧れの三大手筋(勝手に決めました)が、

「狸の腹つづみ」
「石塔しぼり」
「石の下」

です。


特に「石の下」はその筆頭ですが、
プロの実戦でも珍しいそうですね。

昨年8月に、NHKの囲碁トーナメントで出現して、
話題になりました。

他の方の囲碁ブログからですが、
↓これが、その「石の下」。

http://hasunatu.at.webry.info/201008/article_1.html


これで、村川六段が今村九段に逆転勝ち。

こんなワザがきまったら、かっこいいですね〜。


実戦で「石の下」をきめたことがある人って、
どれくらいいるのでしょうか。
「やったことがある」、
もしくは「やられたことがある」
という方がいたら、
ぜひ教えてくださいませ。



                       by シホ


↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ





posted by シホ&クニ at 16:20| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。