囲碁幼稚園

2010年06月21日

井山名人の扇子が当たった!


といっても、
私にではありません。

碁仇のFくんに、
井山名人揮毫の扇子が送られてきたそうです。


P1000164.jpg

※いいな、いいな!


この扇子は、
『月刊碁ワールド』の
囲碁パズルの賞品です。

私も欲しいですが、
パズルを作っている私が応募するわけにはいきませんね。


Fくんは毎月パズルを解いて応募してくれていたので、
(もちろん友達でも、解答は教えませんよ(^_^)b)
当たるといいなあ、と思っていたのですが、
みごと当選して、自分のことのように嬉しいです。


goxi仲間のちゅうさんも、
『碁ワールド』で
張栩さんの扇子が当たったといいますから、
応募してみるものですね。


私も何か、応募してみようかなあ・・・。


                     by シホ


↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ




posted by シホ&クニ at 21:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

「盤石の構え」

『月刊碁ワールド』7月号、
20日に発売です。

クニのエッセイは、
このブログ「シホ&クニの囲碁よろしく」を
始めた経緯を書いています。
囲碁ブログを始めて、もう2年以上経ったんですね〜、
感無量です。

シホのパズルは、
囲碁格言、ことわざを作る
「囲碁ことわざメイキング」です。
気軽に解いてみてくださいね。


ゴスペラーズ北山陽一さんの
「一目おかれたい」
は毎月楽しく読んでいる連載ですが、
今回シホは、
この中の「盤石」という言葉に注目しました。

北山さんは作曲合宿に行き、
そこで囲碁の打てるギタリストと
対局することになったそうです。

「・・・合宿先でも盤石を用意していたので、
せっかくだから打とうよという話に。」

「盤石」とは当然、
碁盤と碁石のことですよね。

この場合だと「ばんせき」と読むのでしょうか。


でも普通「盤石」といえば
「ばんじゃく」と読み、岩や石のことで、
「非常に堅固なこと」のたとえですよね。


念のために調べた国語辞典にも
「碁盤と碁石のこと」
という意味は載っていませんでした。

でも、囲碁用具を売るお店では
「豊富な盤石揃っています」
などと宣伝しているので、
「盤石」は
囲碁界では普通に使われている言葉なのだな、
と、北山さんの記事で確認したわけです。


ということは、ですよ。

「盤石の構え」
といったら、碁打ちにとっては
「碁盤も碁石も揃っているから、
いつでもかかってきなさい」
という意味にもなりますよね。


最近シホは、友人のカフェ開店のお手伝いをしました。

囲碁仲間が来たらいつでも打てるように、
そのお店に碁盤と碁石を置いてもらうつもりです。

これはまさに「盤石の構え」じゃありませんか。

私にいつでもかかっていらっしゃい!
ってことです。
(あ〜、言っちゃったよ)


このカフェのことは、
後ほどブログでも紹介しますので、
(まだHPができていません)
横浜近辺の方(もちろん遠方の方も)、
機会があれば遊びに来てくださいね〜。


                    by シホ


↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ
posted by シホ&クニ at 10:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。