囲碁幼稚園

2010年02月24日

久しぶりにシホと

お久しぶりです。

1月の入院、手術から、
ひと月以上がたちました。

体調はほぼ回復。
むしろお酒が抜けて(ほとんど飲んでいない)
体は軽くなったかもしれません。

が、しかし。

個人的にいろいろと悩みなどありまして、
シホが書いていた通り、
病後の養生を言い訳にして
引きこもり生活が続いていました。

そんな私が少しでも元気になるようにと、
忙しい中、
相談にのったり、
外に連れ出してくれたシホには、
本当に感謝しています。

というわけで、
先週の金曜、そして昨日と、
久しぶりにシホと打ちました。

碁会所に行く時間はなかったので、
例によって、カフェ囲碁です。

金曜は、1勝1敗。
昨日は僅差でクニの勝ち。
黒を持ったほうが勝ちというパターンですね。

昨年は、相当シホに負け越しているので、
たまにはいいでしょう。

そこで疑問なのですが、
囲碁も、
打たなければやはり腕は落ちるのでしょうか?

今年に入ってから、
お互いに打つ機会が極端に少ないのですが、
腕が落ちているのかどうか
よくわかりません。


「囲碁は自転車と同じで、
一度できるようになれば、
そう簡単に腕が落ちるものではない」

という話を聞いたことがありますが、
一方で、

「ブランクがあったので、
すっかり腕が落ちてしまった」

という話も聞きます。

シホもクニも、もともとがヘボなのですから、
これで腕が落ちたら「初心者」だよ、
と、
自分にツッコミを入れたくなります。


いやいや、
少しずつですが、
春めいてきた今日この頃。

ここはひとつ、「初心者」の気持ちで、
再始動しなくっちゃなあ〜

なーんて、最後はきれいにまとめる
クニなのでした。


              byクニ


posted by シホ&クニ at 16:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

久々にクニと一局 at MM

自宅療養中で回復に向かっているクニと、
久々に外で会いました。

引きこもりがちだった
お互いの気分転換ですね。

みなとみらい(MM)で
ランチをして、映画を観て、一局!
というスペシャルコース。


ランチは、トマト専門のレストランで。
http://www.celeb-de-tomato.com/

トマトをコンセプトにするって、
面白いですよね。


20100210_1110_001.jpg

※三種のトマト入りのサラダ


20100210_1117_000.jpg

※ドライトマト入りバゲット


20100210_1133_001.jpg

※トマトたっぷりポモドーロ


20100210_1153_000.jpg

※トマトクリームのロールケーキ、トマトソース添え
 

ロールケーキは単品で頼むと500円らしいので、
セット料金1500円はお手頃じゃないでしょうか。

「この黄色いトマトが好き」
「私はこっちのオレンジの方がいい」
と食べ比べながら、二人でトマト料理を楽しみました。

ちなみに最近はやりのトマト鍋、
クニはあまり好きじゃないそうです。
シホは大好き。
最後のスープを煮詰めて、
スパゲティとチーズを加えて
ナポリタンにすると美味しいんですよ〜。


と、囲碁ブログじゃなくて、
料理ブログの様相を呈してきましたが・・・。

映画『オーシャンズ』を観て
まったりした後は、
横浜港が眼前に広がる象の鼻テラスで一局。

クニに案内されて初めて行きましたが、
ここ、開放感があっていいですね。

カフェ囲碁の集まりなんかに
使ってみたい。


20100210_1515_000.jpg

※窓の外に見えるのは、大桟橋


いつもならビールを飲みながら、
になるのですが、今回は紅茶で。
(病み上がりだからね)

平日だったせいで、
広々としたテラスには人が少なく、
対局もおしゃべりもゆったりできました。


やっぱり碁友との対局はいいですね。
楽しく、癒された一日でした。

クニ、また行こうね!


                     by シホ

posted by シホ&クニ at 13:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

『天地明察』を読んで、士気凛然、勇気百倍

先月「王様のブランチ」で紹介されて以来
ずっと読みたかったのですが、
お店では売り切れ、売り切れ、売り切れ。
アマゾンに注文していたのがようやく届いたので、
一気に読みました。


20100211_1510_000.jpg


『天地明察』(冲方丁)。


久々に心躍った、時代小説、青春小説でした。
何度も泣きながら笑いながら、また心痛めながら読み、
それでも最後は「勇気百倍」!


主人公は、二代目安井算哲=渋川春海。
安井といえば、本因坊に並ぶ囲碁の家元ですね。

この安井家二代目を継ぐべき
春海くん(こう呼びたくなる性格!)は、
お城碁を打つだけの退屈な日常に飽き飽きして、
囲碁よりも好きな算術を極め、
日本独自の暦を完成させるという大事業に身を投じます。

その過程には、
ライバルあり、挫折あり、恋あり、
義理人情あり、政治的駆け引きあり・・・
と盛りだくさん。


なにより、算術オタクの春海くんの性格が素直で前向き。
彼を取り巻く歴史上の人物、
保科正之、水戸光圀、関孝和などがそうであったように、
心から応援したくなる、愛すべきキャラなんです。

春海くんに、
「算術なんかやめて、碁の勝負をしよう!」
と迫る、幼い本因坊道策もかわいい。


お城碁ってこんな風に行われていたんだ、
というのも囲碁好きには面白いでしょうし、
新しい暦を作るための試行錯誤は、
数学好き、天文学好きな人にも楽しめるはず。


「士気凛然、勇気百倍」
というのは、作中で春海くんが言う言葉。

読み終わって勇気が湧いてくるこの本、
おすすめです!

                    by シホ

↓よろしければポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ











posted by シホ&クニ at 16:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

引きこもり、停滞中

年が明けてすぐ、
クニが手術、入院をしました。
すでに退院して、
現在は自宅療養中。


入院前は、

「10日も病院にいるから、打ちに来てね〜」

とか

「棋譜並べをするから、秀策の本を貸して」
(『秀麗秀策』を持っていきました)

と、やる気満々だったのですが・・・


結局、
病室に持ち込んだ9路盤と19路盤は、
一度も使わずに持ち帰ったそうです。

私がお見舞いに行った時も
「集中力がないんだよね〜」
と言っていました。


まあ、そりゃそうですよね。

なにしろお腹を切っているんですから、
体力、気力ともに低下するのは
当たり前です。

囲碁を存分に楽しめるというのは、
健康な証拠なのかもしれません。


ともあれ予後も問題なく、
家でゆっくりしているクニの現在ですが、
相方が外出もままならないとなると、
私までテンションが上がらず、
最近は引きこもりがち。

先日はようやく
県の十傑戦を見学に行って、
久しぶりに囲碁的空気に触れてきましたが、
それ以外はほとんど碁石も持っていません。

認定問題も8割までやったところで、
ギブアップしたまま。

ますますヘボに磨きがかかりそうですね。


クニが早く回復して、
一緒に碁会所に行くのを楽しみにしているシホでした。



※クニが、病院での食事について書いています
 ↓
http://shihokuni-gohan.seesaa.net/article/139332774.html



                      by シホ
posted by シホ&クニ at 19:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。