囲碁幼稚園

2011年06月30日

「隅の曲がり四目」か「セキ」か


ブログ更新をサボっていました〜、
すみません!

いつまでも初段になれないので、
囲碁をやめてしまったのでは?

と思っていた方もいるかも知れませんが・・・

いやいやシホもクニも、
なんとか続けておりますよ。
(相変わらず万年級位者ですが)


さて、先日、
碁仇・Fくんと対局した時のことです。


↓この隅の形。


2011063008350000.jpg


白のシホは、
「三目中手で黒死に、ね〜」
と言いました。
(アホです)

最初はそれを真に受けていた素直なFくんでしたが、
ヨセの段階になって我にかえり、

「これって・・・セキじゃない?」


えっ?!
「あっ! ホントだ、セキだ!」
勘違いしてた〜!!!


いや、待てよ。
よくよく見ると・・・


「これってセキでもなくて
隅の曲がり四目で、
やっぱり黒死にじゃない・・・?」


「セキだ」「死にだ」
で、よくケンカの元になるという、
伝説の(?)「隅の曲がり四目」。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%85%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%83%AA%E5%9B%9B%E7%9B%AE


実際この対局でも、
ここがセキか曲がり四目かで
勝敗が分かれるので、
重大事だったのです。


「う〜ん」
二人でしばし悩みました。


「曲がり四目かどうか、
最後までやってみたらいいんじゃないか」

とFくん。

「そうだね、そうしよう!」

いや、でも・・・

「それをやると大変なことになるから、
『死に』と規定されているじゃなかったっけ?」

とシホ。


とまあ、
ヘボ二人で考えても埒が明かないので、

「高段者に見てもらおう」

という結論に達し、

元・院生のYくんに写真を送って判定してもらいました。


結果は・・・

「曲がり四目」〜ヽ(^0^)ノ


一目でわかった方も多いと思いますが、
それがわからないのがヘボの哀しさなので、
ご容赦を。

私たちとしては、
「曲がり四目じゃないか」
という疑念を抱いただけでもすごい進歩なんです。
(自画自賛?)


今まではわかっていなかっただけで、
こんな形は出てきていたような気がするんですよね〜。


「隅の曲がり四目」か「セキ」、
「死に」か「0目」かは大きな違い。

皆さんも、気をつけなはれや(古っ)。



                    by シホ


↓応援のポチリをお願いいたします

人気ブログランキングへ


※『碁会所探偵シホ&クニ』は、
  毎月きちんと更新しています。
  こちらもよろしく。
  http://ameblo.jp/shiho-kuni/

posted by シホ&クニ at 10:04| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

チャリティ囲碁オフ会@横浜綱島

久しぶりのブログです。



さぼっていた間に大変なことが起こりました。
東北関東大地震…。

発生から10日が経とうとしていますが、
被災された方々の現状、
原発の予断を許さない状況、
首都圏での計画停電の実施など、
私たちが今までに経験したことのない、
まさに未曾有の出来事となってしまいました。



テレビの画面を見るたびに、
何か少しでもできることはないかと
グルグル考えてしまうばかりです。



被災されました皆様には心よりお見舞い申し上げますとともに、
なくなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。



さて、そんななかで、
昨日はささやかながら、
被災された方々へのお手伝い(?)らしきものができたのと同時に、
明るい気持ちになれるイベントに参加してきました。


「チャリティ囲碁オフ会@横浜綱島」


シホ&クニが登録しているネットの囲碁SNS、
いくつかのネット碁のメンバーが集まっての
チャリティイベントです。


もともとはお祝いの会だったところ、
今回の震災があり、
このようなスタイルになったということで、
シホ&クニも、
参加させていただきました。


会の詳細については、
発起人のひからずさんのブログをご覧ください。


http://goxi.jp/?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=5484&comment_count=127




今回は、囲碁経験が
ヘボのクニと2〜3回打ったことがあるだけという、
(未経験のほうがまだマシ?)
クニの娘、ミオも連れて行きました。



会は1時からだったのですが、
予定があって、綱島の碁会所に着いたのは3時過ぎ。


店内はすでに多くの人が集まり、
ペア碁もスタートしていて賑やかです。



関西から参加のでごんさんなど、
盛り上げ隊も充実。
持ち寄られた手作りのお菓子も充実。
いい雰囲気です。



シホはキッシュ、
クニはとろとろプリンを作って行ったのですが、
とろけすぎて、ドリンク化しちゃいました。




一方、同時に竹清勇四段の指導碁も始まっていて、
こちらは真剣そのもの。


竹清四段は、なんと1回千円(!)の指導碁料を
すべてチャリティに寄付してくださったのだそうです。
(この日、竹清さんは、ほとんど休憩も取らず、
ずっと指導碁をされていました。
ありがとうございます)



ペア碁が終わったところで、
今度は皆が持ち寄った、
囲碁関係の品物のチャリティオークションが始りました。


といっても、欲しい商品を手に入れた人は、
「こころざし」を募金箱に入れるスタイル。


シホ&クニは、
平塚名物囲碁まんじゅう、囲碁最中、
碁ワールドの最新号、本少々、囲碁ストラップなどを
提供させていただきました。


と、ここで最初に大物商品が登場。
SNSの代表者、政光さんが出品された、
木製の碁盤です。


「おお〜」
と声が上がり、欲しい人多数。


もちろんクニも手を上げました。

娘も同時に手を上げ、
じゃんけんで勝ち抜き戦をやったところ…
ごめんなさい、クニ&ミオ親子が残ってしまいました。



そして、商品は私たちのもとへ。
すてきなすてきな碁盤なので、
お宝として大切に使っていきたいと思います。
政光さんありがとうございます。


110322_1015~010001.jpg




この他にも張栩棋聖、謝依旻女流名人のダブル揮毫扇子
(ゆうさんゲット)、



110321_1559~010001.jpg



碁盤が描かれた美しいスカーフ、

110321_1621~010001.jpg



囲碁関係の本がたくさん出品されていました。


110322_1017~010001.jpg

※こちらも娘がゲット。読みますね〜


本に関しては、オークションの進行役、
松江大好きさんがとてもお詳しくて、
一冊一冊解説してくださったので、
欲しい人のところにきちんと届きました。



シホ&クニはその後、ペア碁の2回戦に参加。
クニはミスをしたものの、
ペアを組んだチーターさんのおかげで勝ち。
シホの結果はこちらをどうぞ。

http://goxi.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=101646&comment_count=10


竹清四段の指導碁も受けました。
こちらは逆コミ百目の置き石なし!
優しい竹清先生のおかげで、
勝たせていただきました。
無謀なお願いに応じてくださってありがとうございます。




さて、そんななか、今回一番楽しんだのはクニの娘のミオでしょう。


イケメン席亭の藤森さん、小熊さんをはじめ、
ゆうさん、BUBIさんなど、
みなさんが、代わる代わるお相手してくださったのです。


あまりにもみなさんが優しいので、
ミオは家に帰ってからも興奮気味で、

「囲碁を打つ人って、なんでこんなにいい人ばっかりなんだろうね〜」

と、ずっと言っておりました。



そして囲碁の面白さに目覚めましたよ〜

やった!
みなさん本当にありがとうございます。



最後は認定員のワイルドなイケメンコーピーさんに
お相手をしていただき、
おまけの二十五級、認定していただきました。


110321_1945~010001.jpg



「クニちゃんよりセンスがあるのでは?」
という声もちらほらと聞こえてきましたが、
聞こえなかったことにしておきます。


そんなこんなで会は無事にお開き。
ひからずさん、松江さん、藤森さん、小熊さん、
参加された皆様、本当にお疲れさまでした。

そしてありがとうございました。

参加できて本当に良かった〜。
感謝です。



                     byクニ





応援のポチリをお願いいたします↓

人気ブログランキングへ








posted by シホ&クニ at 12:09| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

憧れの三大手筋

以前にこのブログでも、
「やってみたい囲碁のワザ」
について、
書いたことがあるのですが。


先日初めて、
詰碁の本でしかできたことのなかった
「押す手なし」
が実戦できまって、逆転勝ちの奇跡!
感無量でしたよ。


先日もクニと話していて、
「『鶴の巣ごもり』はあるよね」
と。

クニもシホも、
「鶴の巣ごもり」
は、実戦で何度か、
使ったことも使われたこともあります。


「グルグル回し」
も、まあ、ありますね。


「ゆるみシチョウ」
は、自分で使ったことはありませんが、
使われたことはあります。


これまで実戦で出会ったことがない、
もしくはできるのに気がついたことがない、
シホ憧れの三大手筋(勝手に決めました)が、

「狸の腹つづみ」
「石塔しぼり」
「石の下」

です。


特に「石の下」はその筆頭ですが、
プロの実戦でも珍しいそうですね。

昨年8月に、NHKの囲碁トーナメントで出現して、
話題になりました。

他の方の囲碁ブログからですが、
↓これが、その「石の下」。

http://hasunatu.at.webry.info/201008/article_1.html


これで、村川六段が今村九段に逆転勝ち。

こんなワザがきまったら、かっこいいですね〜。


実戦で「石の下」をきめたことがある人って、
どれくらいいるのでしょうか。
「やったことがある」、
もしくは「やられたことがある」
という方がいたら、
ぜひ教えてくださいませ。



                       by シホ


↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ





posted by シホ&クニ at 16:20| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

囲碁猫のピンバッジと碁石のお菓子

囲碁友のゆうさんから、
ステキなピンバッジの存在を教えてもらいました。

白猫と黒猫、
2匹の猫が囲碁を打っているんですよ。

すごく可愛い!
欲しい!

でも、販売元のHPでは「売り切れ」でした。
ガ〜ン!

http://item.rakuten.co.jp/tsic-cat/po-pz-35/

※↑バッジのデザインは、これを見てね


諦めきれず、
「これ、欲しいな〜」
と言っていたら、
ゆうさんがお店で見つけて、
買ってきてくれました。
わ〜いヽ(^0^)ノ


どこにつけようか考えて、
ここに決めました。

マグネット碁盤を入れて持ち歩いている
性悪パンダの囲碁バッグ〜。


2011022511540000.jpg

※どこについているか、わかりますか?



そして同じ日、
A野さんからいただいたのは・・・

「はい、碁石のお菓子」。

「碁石のお菓子?」

と紙袋から出すと、

白いいんげん豆と黒いお多福豆の
甘納豆でした。


シャレが利いていますね。


2011022511460000.jpg

※蒲田の「木村屋」というお店の
 有名な甘納豆だそうです

http://www.kamata-taniguchi-shoten.com/


ほっこり美味しい甘納豆でした。



ゆうさん、A野さん、
楽しい囲碁グッズ(?)を、
どうもありがとうございました〜。


                    by  シホ



↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ


posted by シホ&クニ at 13:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

上野の碁会所に行ってみた

久しぶりに行った上野駅。

午後2時には仕事の用事が終わったので、
「これは2〜3局は打てるぞ」
と。

普段行かない駅では、
「碁」の看板を探すのが、
碁会所探偵の仕事(?)です。

が、
今回は自分では見つけられませんでした。


なので交番に行って、

「この駅の近くに、碁会所はありませんか?」

と、おまわりさんに尋ねたところ、

「う〜ん・・・碁会所ねえ・・・
あなた、囲碁打つの?」

と、わからないご様子。


「打ちます、打ちます。囲碁、楽しいですよ。
え〜と、それじゃあ、
職業別のハローページはありますか?」

「あるよ〜」

と、電話帳を貸してもらって調べたら、
一軒ありました。


おまわりさんが、
住所から地図を調べてくれて、
飲み屋さんが並ぶ丸井脇の商店街の中に、
ようやく見つけました。
(上野駅から3〜4分)

いや実は、近くに行ってもなかなか見つけられなくて、
碁会所の人に2回も電話して、
場所を確認しちゃったんですけどね。
情けない探偵ですよ。


碁盤10面ほどのこじんまりしたところで、
打っている人全員がお知り合いのような、
アットホームな碁会所でした。

ただ、分煙がされていないので、
ここは愛煙家向きですね。

2人の方に打ってもらって、
ぞれぞれ1勝1敗。
いい分かれで、横浜に帰りました。


で、その夜、碁友のRさんに、
この上野の碁会所の話をしたら、

「あれ? 駅前に碁会所ありませんでした?」

と。

ええっ!?
このU棋院の他に、上野駅前にもあるんですか?

探偵も警官も
見落としたということでしょうか。

ご存じの方がいたら、
教えてもらえますか。

次に上野に行ったら、
訪ねてみたいと思いますので、
よろしくお願いします。
(と、やっぱり情けないですね)



                    by シホ


↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ












posted by シホ&クニ at 02:10| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

「囲碁囲碁動画」いいですね


前回書いた日本棋院の新年会で、
「囲碁囲碁動画」を開発したOさんとお会いしました。

http://www.igomovie.net/


「囲碁囲碁動画」は、
過去の名局の棋譜を動画で見られるという
無料のサイトです。

(不勉強で、Oさんにお会いするまで
知りませんでした)


秀策、道策をはじめ歴代本因坊の棋譜や、
新しいところでは、
武宮正樹九段と藤沢里菜初段の対局もありました。


『天地明察』の主人公、
渋川春海と本因坊道策の棋譜も、
まるでリアルタイムの対局のように見られるなんて、
ちょっと、ぜいたくじゃありませんか?


棋譜並べとまではいかないかも知れませんが、
美しい石の流れを学ぶ勉強にもなりそうです。


ただ、棋譜の動画は
24時間いつでも見られますが、
配信されているものなので、
見たい棋譜を選ぶことはできないようです。
(いくつかのチャンネルから選ぶことはできます)

番組表があるので、
お好みの棋譜をお探しくださいね。


                    by シホ


↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ




posted by シホ&クニ at 13:28| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

日本棋院の新年会、連碁の恐怖

今頃ですが、
皆さん、明けましておめでとうございます。

シホは年末年始にかけて
熱を出して寝込んでしまい、
それからずっと咳が抜けずに
冴えない2011年の幕開けとなってしまいました。


なので年明けの囲碁活動は、

『碁会所探偵』の取材、

http://ameblo.jp/shiho-kuni/

その他の碁会所に2回行き、
後は夜に、ネットで打っているくらいですね。


そんな中、シホ&クニは、
日本棋院、出版部・海外室の新年会にお誘いいただき、
赤坂のニューオータニに行ってきました。

すごく豪華です。

編集の方によると
「出版部始まって以来の、
豪華な場所での新年会です」
ということでした。

この度、小林千寿五段が
出版部・海外室の常務理事となったことで、
千寿先生の師匠である故・木谷実先生のご関係で、
ニューオータニでの開催となったそうです。


千寿先生はご存じのように、
小林四姉弟の長姉。
(千寿さん、孝之さん、健二さん、覚さん)

シホ&クニは健二先生に指導碁を受けていることもあって、
千寿先生にご挨拶させていただきました。

千寿先生は健二先生同様、
気さくでとてもステキな方でした。


さて、このパーティーでの余興が、
大盤での連碁でした。

事前に配られたビンゴカードの数字順に
一人一手ずつ打つということを知った途端、
シホ&クニは大緊張。

というのも、参加者は他に、春山九段、
囲碁観戦記者や囲碁ライターの皆さん、
日本棋院のスタッフの方々など、
囲碁が強い方ばかりなんですよ。

万年級位者のシホ&クニが、
そんな方々の前で打つなんて・・・
死ぬ!


何番から始まったかはわかりませんが、
シホが4810番、クニが4811番でした。


どんどん順番が近づいてきた頃、
戦いが始まり・・・

「こんな局面、無理!」
「誰かに代わってほしい!」
と、シホ&クニの緊張はマックスに。


4809番の方が打って、
次はいよいよシホの番。

「わからない、どうしよう!」
と焦っていたら・・・

司会者が、
「では次、4812番の方、お願いします」
と。

4810番と4811番のシホ&クニ、
顔を見合わせました。

「番号が飛んだ・・・!」


それから3,4番進むまで息を殺していましたが、
どうやらそのまま進んでいく模様に、
「大丈夫、完全に飛んだ」
と、ようやく二人でホッとしました。


どうやら、途中で千寿先生の感想が入ったりして、
司会だった編集部の方が、
うっかり番号を飛ばしてしまったようです。

それがシホ&クニの二人だけって、
もはや神の一手ですね。

編集部のMさん、ありがとう!


「今年一番のラッキーだったね」
と、シホ&クニは、
ようやく連碁の観戦、料理とお酒を楽しんだのでした。
(実はその前から随分食べていましたが)


その後は
参加者の方々とお話したり、
ビンゴ大会で焼酎をいただいたりして、
楽しい夜となりました。


というわけで、
軽く楽しめばいい余興の連碁にまでビビってしまう
ダメダメのシホ&クニですが、
皆さま、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
  

                     by シホ


↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ









posted by シホ&クニ at 13:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

放浪のシホ&クニ

誰に頼まれたわけでもないのに
勝手に碁会所を紹介しているブログ、
『碁会所探偵シホ&クニ』の取材で、
今日は二人で待ち合わせ。

http://ameblo.jp/shiho-kuni/
(毎月15日に更新です)


伺うつもりの碁会所は午後1時オープンなので、
ゆっくりランチをとって、
それから碁会所に行ったら・・・

「月曜定休」

の札が・・・ガ〜ン!


どうして事前に調べないのか、
シホ&クニ。


しかも、いつもは碁会所に行くのにも、
二人して無駄に19路盤と9路盤を持ち歩いているのに、
今日に限って二人とも囲碁バッグを持っていないって、
カフェ打ちもできないじゃんっ。


「う〜ん、じゃ、隣の駅の碁会所に行くか」

と、電車に乗るも、
その碁会所も月曜休み・・・ガ〜ン!


席亭さんが一人でやっているような碁会所は、
月曜定休が多いのですね。


というわけで、3軒目。

ここはまず休まないだろうと、
ちょい大きめの上大岡の碁会所へ。
ここに至っても、事前に確かめることなく行きましたが、
ちゃんと営業していました、ホッ。


ここで6局、3勝3敗の引き分け。
これは、いい分かれでしたね。


というわけで碁会所探偵の取材は、
また日を改めて。

今週は二人の予定がなかなか合わず、
その上でようやく今日に設定したというのに、
肝心なところが抜けている(囲碁と一緒?!)
シホ&クニなのでした。



                     by シホ

↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ










posted by シホ&クニ at 20:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

教室のお仲間と飲み会

諸事情ですっかりご無沙汰してしまっていた
K坂先生の教室に行ってきました。

その後に、K坂先生を囲んで、
教室の皆さんと飲み会!

久しぶりに参加したのが飲み会の日ってどうなの?
ということはさておいて・・・

元院生のK坂先生の、
囲碁や囲碁界についての貴重なお話を聞けたのはもちろん、
今までお話ししたことのなかった教室の方たちと
色々お話ができて、とても楽しい集まりでした。


毎週顔を合わせるのに、
(私はさぼっていましたが)
教室の方同士が親しく話したりすることは意外になかったので、
(たぶん)
企画してくれた教室のエース・H田さんには、大感謝です。
(これは本当です)


「それにしても・・・」と、

この教室にン年前から共に通う
碁仇・Fくんと帰りに話したのですが。

教室の皆さんの、自己紹介の棋歴を思い返して

「他の人たち、囲碁を始めて2〜3年で
あれだけ打てるって、すごくない?」

と。


私たち、もっとすご〜く前に教室に行き始めたのに、
全然進歩してない!
弱っ!


楽しかったけれど、
反省をした夜でもありました。


K坂先生、教室の皆さま、
今後ともご指導のほど、よろしくお願いいたします。(ペコリ)


                   by シホ


↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ
















posted by シホ&クニ at 00:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

「碁ワールドにがおえコーナー」にクニの絵が

『月刊碁ワールド』12月号、
11月20日に発売になりました。


今回のシホ&クニの「ハッピーワールド」、
クニのエッセイは
先日の六本木・囲碁フェスでのお話。

(ブログでも書いています)
http://shihokuni-igo.seesaa.net/article/165410366.html


シホのパズルは、
お初の漢字パズルです。
今回は簡単め。
(前号のナンクロは、ちょいムズだったようです、
ごめんなさい)

井山名人揮毫の扇子が当たるかも知れないので、
この機会に応募してみてはいかがでしょうか。


と宣伝したところで、
本題です。

『碁ワールド』読者の皆さま、
不定期で掲載されている、
「にがおえコーナー」をご存じでしょうか。

読者の方が描いた棋士たちの似顔絵を、
漫画家の藤井レオさんが講評するページです。

ここに、なんと、
クニが描いた井山名人の似顔絵が採用されました。

それがこれ。


B0E6BBB3C8ACC3CA-thumbnail2.bmp

※井山名人の雰囲気が出ていますね
 (描いた当時は、まだ名人ではなかったようです)


『碁ワールド』誌上ではモノクロですが、
ここでは特別にカラーで載せますね。

というのも、このイラスト、
クニが以前、ブログ用に描いたものだからです。

http://shihokuni-igo.seesaa.net/article/109231717.html


今回、クニのイラストが載ったもので、
いつにも増して、このページをじっくり見ました。

画法もさまざま、
「皆さん力作だなあ」
と、感心しつつ見ていると・・・・

藤沢里菜さんを巧みに描いた似顔絵、
これを描いた人の名前に見覚えが。

「東京都・小林泉美」?!

この方ってもしかして、
女流棋士で張栩夫人の、
あの小林泉美さんじゃないですか?

しかも、大賞レベルと評されて
ご主人と同じ「棋聖」賞をいただいていますけど?!

小林泉美さんって、絵も上手なんですね〜。
(この場合は「じょうず」と読みます)


というわけで、お得に(?)楽しめる
「にがおえコーナー」。

『碁ワールド』12月号をお持ちの方は、
クニと小林泉美さんのイラストを
チェックしてみてくださいね〜。


                   by シホ


↓よろしければ、ポチリをお願いいたします。

人気ブログランキングへ







posted by シホ&クニ at 08:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。